So-net無料ブログ作成
検索選択

格安SIMよりキャリアにしかできないことがあるのでは? [基礎知識]

格安SIMというと、安いケータイという印象とともに、「安かろう悪かろう」のイメージも一緒に感じるのではないでしょうか。

大手キャリア通信なら月額7000~10000円となるところ、格安SIMなら月額2000~3000円程度に収まります。あまりにも安すぎるのではないかと。

例えば…

通信が届かないのでは?通信品質が悪いのでは?



格安SIMというと、まずこの心配があるのではないでしょうか。

たしかに、一部では地方では使えないという声があります。

まずは、サービスエリアのカバーとしては、キャリアと同じです。なぜなら、格安SIMといっても、キャリアの回線を使っているからです。

キャリア(ドコモ・auなど)が設備投資をして全国に基地局を設けていますが、格安SIMのサービスは、この設備を借りているのです。これら格安SIMの業者をMVNOといいます。

キャリアの回線を借りているということは、キャリアと同じということ。基本的には問題ありません。

ただし、回線の一部を借りている関係上、キャリアとまったく同じ点ではないことに注意。MVNO業者によっても、端末により対応未対応が違うことがあります。また、端末によっても対応BANDが違うのでこれも注意。

通話の品質が悪いのでは?



データと同じく、通話の品質に関しても問題は基本的にありません。

注意しておきたいのは、au回線でしょう。ドコモやソフトバンクとは通信方式が違うため、通話に関しては注意が必要です。

auの機種で格安SIMを使うなら、契約前に必ず対応機種を確認するように。SIMロック解除が必要な場合があります。SIMフリーのスマホを使うなら、間違ってもau系MVNOを使わないように。面倒なことになる可能性があります。

サービスが悪いのでは?



普通は高級でロイヤルな会社の方が、サービスがいいと思いますよね。その点は安心してください。格安SIM、MVNOといえども、サービスの質が悪いということはありません。

そもそもキャリアでさえサービスがわr(ry

しかしだからといってもなんでも要求してもいいわけでもありません。契約前には、情報集めをして、使えるかどうか確認してから移行したほうがいいかと思います。

キャリアには思いっきり要求をしてもいいとおm(ry

殿様しょうb(ry

。。

今回は格安SIMとキャリアを特集してみました。参考にしてみてください。まず格安スマホと格安SIMはものが違います。この2つは意味が違います。とはいっても格安SIM対応のスマホなら大丈夫。だから、いまのケータイで対応している格安SIMを準備してください。プランは各社いろいろあるので、まずは公式サイトをチェック。3GB(ギガバイト)あれば十分かと思います。ただアプリゲームでこのくらい空っぽになることも。もっといろいろダウンロードするなら5GBはないときついかも…。ブラウザだけならほぼ問題ありません。格安とはいえ通常使用に問題ありませんのでいろいろ勉強して通信料を安くしたいですね。格安SIMはいまや当たり前の時代。最低限の知識だけでももっていきたいですね。



nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。