So-net無料ブログ作成
検索選択

格安スマホにすると本当に安くなる?キャリアの割引編 [プランと料金]

smartphone2.jpg
格安SIM(MVNO)のほうが、ケータイキャリアよりも安いということはもうみんな知っていること。しかしキャリアにしかないものがあります。それが”割引”。

割引があるなら、もしかしてMVNOとそんなに変わらないのでは……そう感じる人もいるのではないでしょうか。キャリアの割引を要チェック。


月々サポート、毎月割、月月割


対象機種を購入して契約した場合に、機種に応じた料金を毎月の料金から割り引くというもの。ドコモ、au、ソフトバンクで名前は違いますが、内容は同じです。

スマホ本体を同時に購入すると、6万円~13万円ほどの高額な機種代金を毎月4~5000円の分割購入できますが、この割引があると、実質毎月1~2000円程度、機種によっては毎月数百円になります。

例えばドコモでiPhone7の128GBを買うと(シミュレーション結果)、
端末代金が分割支払額3915円(税込)×24ヶ月で合計93960円。
月々サポートで割引が毎月2781円(税込)×24ヶ月間で合計66744円割引。
実質的な機種代金は合計27216円で、機種代金は毎月1134円。

最新機種のiPhone128GBが27216円で買えるとなれば非常に安いでしょう。アップル公式サイトでSIMフリーiPhone7、128GBを買おうとすると一括で83800円(税込み90504円)、分割で7500円(税込み8100円)×12ヶ月間。月々サポートの割引は見逃せないかもしれません。


条件に注意


月々サポートの割引が66000円を超えるため、とっても安くなると思いがちですが、一つ気をつけたいのが条件です。

誰でも無条件で割引をもらえるわけではないということです。

ドコモの月々サポートなら、指定の基本プランに加え、指定のパケットパック・シェアオプションへの加入が必要です。

基本プランは、カケホーダイプラン、カケホーダイライトプラン、データプラン。
パケットパックはデータMパック、ウルトラデータL・LLパック、ビジネスシェアパック5~3000、シェアオプションなど。
このどれかを組み合わせて契約する必要があります。

電話・データ通信両方をつかうなら、カケホーダイライトプランで毎月1700円+データSパック(2GB)3500円=月額5200円(税込5616円)。

前回記事通りMVNOなら税込み1728円。

機種代金が10万円だとしても、両者の違いは少ないことになってきます。ということは、中古のiPhoneを買ったり、別の格安機を買うという選択肢のほか、今持っているスマホを使うなら…。

選び方次第でオトクに使うことができるのが、いまのスマホ事情と言えるでしょう。

キャリアの割引はお得ではありますが、他よりもお得ということではありません。うまく活用して契約しましょう。

プラン、料金、機種本体、基礎知識…むずかしいことだらけだというあなたへ。とりあえず格安スマホと格安SIMがあることを知っておきましょう。ごっちゃにして考えると大変なことに…。ただ格安SIM対応のスマホでOK。いまのスマートフォンに使えるSIMを用意しましょう。通信・通話プランは各社様々なので調べてみてください。プランと月額が並んで書いてあります。3GBくらいであればいいのではないでしょうか。ただアプリゲームで一気に使う可能性があるので、もっとゲームもやりたいなら5GBくらいはないときついかも…。ニュースアプリとかなら問題ありませんよ。格安SIMでもスマホでやることを普通にできるので、いろいろ勉強して月額料金を抑えてしたいですね。ケータイキャリアの割引のことも非常に大事なことなので、あわせて知っておきましょう。





nice!(0) 

格安スマホにするとどのくらい安くなる?プラン編 [プランと料金]

smartphone1.jpg
格安SIMにすれば通信料が安くなる。

あなたもそう聞いたことがあるでしょう。実際はそんなに変わらないだろう~なんて思っていると、大損!大手キャリアとMVNOのプラン料金は、まったく違うのですから。


スマホの料金



まずはおさらいとして、スマホの料金にはどんな種類があるのでしょうか。

まずは基本料金。毎月のケータイを維持するための料金。○○プランという名前によって料金が変わります。このプランの内容は、キャリアとMVNOで、まったく異なることを知っていますか?

キャリアの基本は、「通話」です。契約するプランで、通話料が変わってきます。高いプランほど、30秒あたりの通話料が安いのが特徴。合わせてデータ通信もしたい場合は、これに加えて「パケットパック」などを契約します。

MVNOの基本は「データ通信」。契約するプランで最大通信量が異なります。例えば3GBプランを契約した場合、一月の通信できる合計は3GBまで。合わせて通話をしたい場合は、通話プランを契約します(別途通話オプションをつけるというよりは、通話プランになる)。

これにいくつかのオプションを契約します。オプションの種類は様々あるのですが、代表的なものを挙げると、
留守番電話、通話定額・かけ放題、セキュリティサービス、ネット接続、などなど。

さらに、機種代も忘れてはなりません。数万円のお金を、24回分割にしたり、一括払いしたりします。


キャリアとMVNOの差


通話・データ通信どちらもできるプランとしましょう。

例えばドコモのカケホーダイライトプランは、2年間の定期契約(しばり)をつけると1700円。これにパケットパックのSパック(2GB)が3500円。ネット接続に必要なspモードが300円で、合計5500(税込み5940)円となります。

対してmineoなら、3GBのデュアルタイプ(データ通信と通話ができるプラン)で1600円。データ接続サービスは必要ないので、合計1600(1728)円となります。

通話とデータ通信、これだけみると、格安SIM(MVNO)の方が4212円も安いということになります。

ただし、キャリアにはキャリアの割引サービスというものがあるので、これだけでは正確には比較できません。また別の記事で書いてみます。

機種代を除いたプラン料金比較としては、MVNOの圧倒的勝利となります。

タグ:プラン料金
nice!(0) 

格安SIMでもlineは使える? [基礎知識]

どうしてここまで流行ったんでしょう。

いまや連絡をとるのはLINEが主流。メールやチャットなどと違って、LINEは固有名詞です。本来ならチャットアプリと言うべきところ、テレビでも日常でも「LINE」ということが当たり前になってきました。

宅急便、ホッチキス、バンドエイド、チャックなどと同じく、日本語の王道化となったわけです。ほかにtwitterも同じことが言えるでしょう。インスタグラムもそうか…。

そんなLINE、格安SIMでも使えるのでしょうか。

まず、通話プランのSIMなら問題なく使用できます。LINEを登録するときに、電話番号をつかってSMSでやり取りするからです。

問題は、データ通信プランのとき。データ通信プランでLINEを登録する場合は、かならずSMS機能を追加しましょう。格安SIMによっては、電話はできないけどSMS用の電話番号を付与してくれるところがあります。

できない場合はもう1つ、Facebookを使う方法です(あ、Facebookも日本語の王道化してますね)。FacebookアカウントをLINEで紐付けることで、電話番号を使わないでLINEを登録することができます。

ただし、友達が一定数いないと登録できないようです。友達がいないあなたは…LINEを使うこともありませんね。


本記事はでは格安SIMでLINEを挙げてみました。とりあえず格安スマホだけ買っても通信できません。格安SIMも必要です。いま使っているケータイ対応のSIMを手に入れればそのまま使えますよ。通信・通話プランは各社いろいろあるので、調べてみてください。ゲームも動画も音楽もやるなら5GBくらいはないときついかも…。ニュースアプリとかなら問題ありませんよ。格安とはいえ普通にできるので、しっかりと毎月のお金を抑えてしたいですね。格安スマホ・格安SIMでも、LINEだって意外に普通に使えるのであなどれません…。



タグ:Line
nice!(1) 

キャリア回線とMVNO回線、なにがちがうの? [基礎知識]


格安SIMといえば、「いまよりもケータイ料金が安くなる!」。このまま高い料金を払い続けるのは、あなたもいやですよね。キャリアケータイから格安SIMに変えれば、料金が安くなるかもしれないのです。

とはいえ、安くなるなら、変なことが起こるのでは…という心配があることも事実。では、キャリア回線とMVNO回線、なにがちがうのでしょうか?


MNO回線とMVNO回線



格安SIM業者を示す言葉MVNO。何の略なのかというと、

Mobile Virtual Network Operator

で、仮想移動体通信事業者という意味です。通信事業をしているけど、ヴァーチャル(仮想)なのです。ではリアル(現実)はなんなのかというと…

Mobile Network Operator

略してMNO。リアルに通信事業をしている会社。回線を所有し、通信サービスも行っています。対してMVNOは、回線を所有しておらず、通信サービスをしています。その回線はどうするかというと、MNOから借りるわけです。つまりMNOとはキャリアのこと。

MVNOの回線を使っていても、MNOの回線、つまりキャリアの回線を使っているので、回線上の違いはありません。

この2つは、立場が違うといえます。

キャリアはMVNO業者にとって、圧倒的王者ということなんですね。


通話品質に関しては同じであるものの、サービスに違いがでてきます。たとえば電話のかけ放題。MVNOにはまだ広がっていません。

電話の無料通話分もありませんし、ポイントサービスもまだまだ。キャリアはこの辺のサービスは整っています。

ただその分安くしてくれればいいのですが。


MNOとMVNOのこと、参考になりましたか?とりあえず格安スマホと格安SIMはものが違います。最低限の知識です。でも格安SIMが対応していれば、いまもっているスマホでOK。なのでいまの機種対応の格安のSIMを準備してください。通信・通話プランは各社様々なので調べてみてください。格安SIMでもゲームはできますが、一気に容量食うこともあるので5GBは最低限ないときついかも…。格安とはいえ普通にできるので、しっかりと月額料金を節約したいですね。MNOとMVNOのこと含め、参考にしてみてください。






nice!(0) 

格安SIMよりキャリアにしかできないことがあるのでは? [基礎知識]

格安SIMというと、安いケータイという印象とともに、「安かろう悪かろう」のイメージも一緒に感じるのではないでしょうか。

大手キャリア通信なら月額7000~10000円となるところ、格安SIMなら月額2000~3000円程度に収まります。あまりにも安すぎるのではないかと。

例えば…

通信が届かないのでは?通信品質が悪いのでは?



格安SIMというと、まずこの心配があるのではないでしょうか。

たしかに、一部では地方では使えないという声があります。

まずは、サービスエリアのカバーとしては、キャリアと同じです。なぜなら、格安SIMといっても、キャリアの回線を使っているからです。

キャリア(ドコモ・auなど)が設備投資をして全国に基地局を設けていますが、格安SIMのサービスは、この設備を借りているのです。これら格安SIMの業者をMVNOといいます。

キャリアの回線を借りているということは、キャリアと同じということ。基本的には問題ありません。

ただし、回線の一部を借りている関係上、キャリアとまったく同じ点ではないことに注意。MVNO業者によっても、端末により対応未対応が違うことがあります。また、端末によっても対応BANDが違うのでこれも注意。

通話の品質が悪いのでは?



データと同じく、通話の品質に関しても問題は基本的にありません。

注意しておきたいのは、au回線でしょう。ドコモやソフトバンクとは通信方式が違うため、通話に関しては注意が必要です。

auの機種で格安SIMを使うなら、契約前に必ず対応機種を確認するように。SIMロック解除が必要な場合があります。SIMフリーのスマホを使うなら、間違ってもau系MVNOを使わないように。面倒なことになる可能性があります。

サービスが悪いのでは?



普通は高級でロイヤルな会社の方が、サービスがいいと思いますよね。その点は安心してください。格安SIM、MVNOといえども、サービスの質が悪いということはありません。

そもそもキャリアでさえサービスがわr(ry

しかしだからといってもなんでも要求してもいいわけでもありません。契約前には、情報集めをして、使えるかどうか確認してから移行したほうがいいかと思います。

キャリアには思いっきり要求をしてもいいとおm(ry

殿様しょうb(ry

。。

今回は格安SIMとキャリアを特集してみました。参考にしてみてください。まず格安スマホと格安SIMはものが違います。この2つは意味が違います。とはいっても格安SIM対応のスマホなら大丈夫。だから、いまのケータイで対応している格安SIMを準備してください。プランは各社いろいろあるので、まずは公式サイトをチェック。3GB(ギガバイト)あれば十分かと思います。ただアプリゲームでこのくらい空っぽになることも。もっといろいろダウンロードするなら5GBはないときついかも…。ブラウザだけならほぼ問題ありません。格安とはいえ通常使用に問題ありませんのでいろいろ勉強して通信料を安くしたいですね。格安SIMはいまや当たり前の時代。最低限の知識だけでももっていきたいですね。



nice!(0) 

電話はできるの?格安SIM [基礎知識]

格安SIM、格安スマートフォンは、安くケータイが使えるということでとっても話題。安くケータイがつかえても、電話が使えないと意味がありません。格安SIMでは電話はつかえるのでしょうか?

安心してください。ちゃんと格安SIMでも電話はできます。ただし、かならず通話プランを選択しましょう。

通話プランとは、通話できるプランのこと。反対に、通話ができないプランをデータプランといいます。

実はキャリアのスマホでも、データプランがあります。

どうして通話プランとデータプランの2つがあるのでしょうか?理由の1つとしては、2台目需要の増加が言えるのかと思います。

1台目は電話として使いつつ、2台目ネット通信専用として使う人が多くなりました。その火付け役がタブレット。もともとはタブレット専用にデータ通信プランができたといっても過言ではないでしょう。そうしているうちにスマホでもデータ通信プランが浸透しました。

通話ができないということで、通話プランよりも月額料が安いデータ通信プラン。格安SIMで推しているのは、データ通信プランの価格の安さです。

そのため、毎月1000円ちょっとでケータイが使えると勘違いしないようにすることが大切です。通話プランは、データプランよりも数百円から1000円ほど高くなっていますから。

プラン、料金、機種本体、基礎知識…むずかしいことだらけだというあなたへ。まず格安スマホと格安SIMがあることを知っておきましょう。この2つがあってこそ意味があります。とはいっても格安SIMが対応していれば、いまもっているスマホがそのまま使えます。だから、いま使っているスマホで使用できる格安SIMを用意しましょう。通信・通話プランは各社様々なのでまずは公式サイトをチェック。3GBあればあればいいのではないでしょうか。Wi-Fiを組み合わせることも通常使用に問題ありませんのでいろいろ勉強して月額料金を抑えてしたいですね。格安SIMはいまや当たり前の時代。最低限の知識だけでももっていきたいですね。


nice!(1) 

格安でもネットは使える? [基礎知識]

格安SIMというと、安かろうという印象があるのも事実。しかしこれだけ流行っているとなると、格安とはいえちゃんと使えるんだろうという気がしますね。

たしかに格安SIMでもちゃんとネットできるので安心してください。ヤフーだって見れるし、グーグル検索も問題なし。youtubeも見れるし、えってぃーーな画像、動画だってお手の物。

ただ、格安SIMならではの問題も報告されています。

たとえば時間帯によって繋がりにくい、回線が遅い、地域によってはつながらないといったこと。それから対応Band搭載なのに使えない、といったことも。

申し込む前に、格安SIMの公式サイトでチェックできるはずなので、まずはそちらを。

ほかにも契約してみたけど使えないので解約しようと思ったら違約金がかかると言われて頭にきたなんてことも。

番号付きMNPは長くて2年は移行できないことが多いです。契約する前にかならず確認しておきましょう。

気をつけないといけないことはあります。

格安スマホの真髄は、格安スマホに格安SIMを組み合わせることです。最初に格安スマホと格安SIMがあることを知っておきましょう。この2つがあってこそ意味があります。ただ格安SIMが使えるスマホなら大丈夫。いまの台で対応している格安SIMを用意しましょう。雑誌についていることもあります。通信・通話プランは各社いろいろあるので、調べてみてください。プランと月額が並んで書いてあります。ブラウザだけなら安くても問題ありません。格安SIMでもスマホでやることを普通にできるので、しっかりと月額料金を安くいきたいですね。格安スマホと格安SIMのちがいのことも非常に大事なことなので、あわせて知っておきましょう



nice!(0) 

格安スマホと格安SIMってなんなの? [基礎知識]

格安なんとかというと、格安スマホのほか、格安SIMという言葉も聞いたことがあると思います。

格安スマホというと、ただの安いスマートフォンという感じがします。格安SIMというと、安いSIM…という感じがしますね。

SIM?どこに行けば売ってるの?

という感じがしますね。SIMは昔から携帯電話会社で用意してもらうのでした。ケータイを契約すると、ケータイショップがSIMをケータイの中に入れていたのです。自分たちがSIMを入れるということは少なく、

「SIMを入れ替えるとほかのケータイでも電話ができて、電話帳も移動できる」

ぐらいの認識だったのではないでしょうか。

いま、そのSIMを扱う会社が増えています。格安SIMなら、毎月安い通信料でケータイが使えるのです。

対して格安スマホは、安いスマホのこと。ドコモとかでは売っておらず、しかもドコモとかより端末代が安いのです。

格安スマホを買って、格安SIMを用意すれば、安くケータイが使えます。

今回は格安スマホと格安SIMのちがいを特集してみました。参考にしてみてください。気をつけたい点として格安スマホについて知っておきたいことは、格安スマホと格安SIMがあるということ。この2つがあってこそ意味があります。でも格安SIMが対応していれば、いまもっているスマホでOK。いま使っている台に使えるSIMを準備してください。通信・通話プランは各社様々なので調べてみてください。大体は1GBくらいであればいいのではないでしょうか。ただ動画でこのくらい空っぽになることも。加えてゲームもやりたいなら5GBは最低限ないときついかも…。ブラウザだけならほぼ問題ありません。格安とはいえ普通にできるので、知識をつけて月額料金を安くいきたいですね。格安スマホ、格安SIM。これから当たり前になりそうです…。



nice!(0) 

原点回帰…しない、これからも進化が続く格安スマホ

最近なにかと話題の格安スマホを調べてみました。

格安スマホ…最初は「安いスマホなんだろう」という印象しかありませんでした(*_*;。その考え、大いに間違っていたと反省しきりです。

正直安かろう悪かろうでそんなに話題にならないのではと、思ってました。「安くても通信が遅くて使い物にならない。やっぱり大手キャリアが一番だよね♪」と原点回帰になることを想像していたのです。

ところが格安スマホは、いまや空前の大ヒット。大手の携帯電話会社は料金は据え置きのまま、格安スマホ(というか格安SIM)はみるみるとその料金を下げていき、いまや3桁も当たり前。

昔の大手キャリアのときは、ナンバーポータビリティで思いっきり安くできて料金も困りませんでした。ところがいまはそれがまったくできない。結局のところ、あのときの安さは、今は格安スマホでできる…と考えてもいいかもしれません。

格安スマホ、あなたは気になっていませんか?いろんなことを調べてみましたので、参考にしていただければと思います。


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。